にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

diary:モーブとは?

友人と雑誌の占いを見てたら今月のラッキーというところに「モーブ」とありました。2人とも頭にハテナが出てしまいました。モーブとは色の名称だそうで。「薄い青みがかった紫」とのことです。赤= 40%、緑= 18%、青= 100%、RGB(hex)=662EFFだそうです。





イギリスの科学者パーキンが、キニーネ(マラリアの特効薬)を科学的に合成しようとして、アニリンという塩基化合物から偶然得られた紫の色素で、彼はこれを、1856年「モーブ」という商品名で売り出したようです。そしてこれが人類最初の合成染料となりました。もともとモーブは仏語で『葵(アオイ)』を意味し、大英帝国時代、ヴィクトリア女王臨席のもとでの万国博覧会で、女王が彼の染料で染めたドレスを着たこともあって、ヴィクトリア朝を通じての流行色の一つとなりました。紫が高貴な色であるというのは世界的に共通するようで、それは、自然の世界で天然の紫の色素を取り出すことが大変難しかったからに他なりません。
[PR]
by t01075ni | 2005-03-05 16:18 | diary