にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

diary:やわらかくない角煮

褒められたものじゃない行動力。
いてもたってもいられなかったんですよ。
なんだか。



いま必要だと思い込みました。
激しい思い込みですよ。
またの名をただのお節介という。
突然という点に関しては謝罪。
私が逆だったら絶対受け入れないだろうし。
あー。どうだろう。

なかば無理矢理という形をとって吐露させることで。
私は何がしたかったんだろうか。
受け止めたかっただけなのか。
いや違う。
なんか悩んでいるだろうと勝手に感じ取って。
自分が過去に悶々としていたことを思い出し。
少しでも楽になって欲しいと。

だったらもっと他のやり方があったのではないか。
不器用なりにも考えたさ。
なるべく早くということが重要だと思ってしまったんです。
空気読めないっぷり発揮してまでも。

でもあらゆることが聞けてよかった。
たぶん一番すっきりしたのはわたし。
より悩ませていた感は否めない。
より気を使わせていた感も否めない。
いやー頭ワルさ全快だったわ。
本音を言える場がつくれていないことは
表情で悟ったから。
言葉の選択が絶妙で懐かしい。

分かったのは必要とされていないということ。
必要とされていたいと願っていたこと。
決心したことは胸にしまって守り続ける。
[PR]
by t01075ni | 2005-11-19 23:57 | diary