にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

diary:初詣ともんじゃ

富岡八幡宮に家族で初詣に行き、
月島でもんじゃ焼きを食べました。

2日に初詣に行くのは初めてだった。
すごく混んでいました。
おみくじは小吉。
両親は共に大吉☆
昭和57年生まれの男性の方は今年本厄だそうです。
お気をつけて。



月島の商店街は2日にもかかわらず
もんじゃ屋さんが軒並み開いていてびっくり。
あまりのお店の多さに選ぶのが大変だったけれど、
雑誌に掲載されたのが多そうなとこに入りました。
味は大当たり。
作り方が思ったのとちょっと違ったので覚えておこうと思った。
でもお店によって違うかも。

①鉄板に油を満遍なく敷く。
②一番火力の弱い部分に刻みいかとえびをへらを使って置く。
③中の汁を極力出さないように水平にして具を鉄板の上へ。(小さなスプーンで)
④キャベツなど具を刻みながらへらで炒める。
 (キャベツをきちんと刻むと甘味が出るとの店長談。)
⑤キャベツがしんなりしてきたら土手を作る。
⑥土手の中に汁を流し込み、刻みイカと干しえびも入れる。
⑦ぶくぶくしてきたら、中をかき混ぜて土手も一緒に混ぜる。
⑧混ぜたら、へらで広げて出来上がり。
⑨小さなへらで取って美味しく食べる。

----
考えること。
普段生活上の判断を除いてはあまり物事を考えずに生きている。
もっと考えた方が良いのかもしれないけれど、
そういう風に出来ているから仕方ない。
だいたいは本能の赴くよう、自由気ままに生きている。

私は考えるためには何かに書き留めるか、
人に話さないと進まない。
頭の中で悩んだりするのは得意じゃない。

そもそもなんでこんなことを書くようになったのか。
理由は2つある。
今読んでる本の中に考えることや思考することが
どうたらこうたらっていうくだりがあったから。
もう一つは、知人のblogに
余計なことで悩むのがだめだとか書いてあったから。

まずは悩むことで余計なこということはないのではないか。
答えの出ない問いに悩まされて悶々とすることは
歯痒いしもどかしいだろう。
そもそも、人生は数学の問題のように簡単に解けるものでもないし、
簡単に解けてしまっては面白くない。
極論かもしれないが、妄想や空想だって
きっと何かの役に立つ(飛躍しすぎか?)。
というか悩んでなんぼの人生ではないのだろうか。
だから余計なことでも悩んでいいんだよ。
きっと。という内なるメッセージ。

2004年は、就職活動や体調崩して時間が出来たので
自分と向き合うことが多かった。
最近、体調が周りの皆様のおかげで絶好調になってきたので、
ちょっと考える時間が減っていたような気がする。
だから、考えるとか思考するとか悩むという言葉に
敏感になっていたのかもしれない。
三が日時間もあることだし、
ちょっとこれからについて色々考えてみるとするか。
---
ポイントを押さえている。器用。
そうやってずっと生きていくのだろう。
私には真似出来ない。
だから好きなんだろうけれど。
少しは見習うよ。
[PR]
by t01075ni | 2005-01-02 12:43 | diary