にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

book:すべての雲は銀の・・・/村山由佳

ほぼすべての本を読んでいる作家。
きっかけは母がおいしいコーヒーシリーズを買ってきて、
私に勧めてくれたことから。
ライトな青春小説なんだけれど、描写が綺麗で、
読んでいてとても清清しい気分にさせてくれる本。
これは上下巻あるんだけれどさらっと読めます。

兄に恋人を盗られそして結婚まですることになってしまった祐介は、
友人の誘いから長野の菅平にあるペンションでバイトをはじめる。
そこの登場するさまざまな個性溢れるキャラクター。

そこの登場する桜ちゃん(小学校6年生)は
とても優秀で良い子なんだけれど、登校拒否になってしまう。
お母さんは半ばヒステリー気味に学校に行けと言う。
両者の葛藤のシーンで「甘え」についてのくだりがある。
そこにとてつもなく共感を覚えた。

「人に甘えたり寄りかかったりすることを、
世間ではとかく弱さと結びつけて非難する傾向があるけれど、
それも時と場合によるのかもしれない。
苦しくて苦しくてどうしようもない時に、
ほんのつかの間でいい、無条件に甘えさせてくれるものの存在は、
どんなに人を安らがせ、勇気付けることだろう。
人間は機械とは違う。時には休みだって必要なはずだ。
体ではなく、心が休息を必要とする場合だってあるはずなのだ。」

自律神経。体を自動的に調節してくれる機能。
それはふとした時に狂う。
親を亡くした人が1日にして白髪になるとかも、
ホルモンや神経の影響であろう。
気持ちによる体への影響は意外と大きい。

無条件に甘えさせてくれる存在。
本当に大事だと思う。
たまにがっつり頼れる人がいるのはステキなことです。
今更ながら改めて感謝☆
[PR]
by t01075ni | 2004-05-20 20:13 | movie/book/art