にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

book:姑獲鳥の夏/京極夏彦

森博嗣以来の推理小説。
姑獲鳥(うぶめ)の夏です。
読み終わった時に思考が飛んだところに行っていた。
陰陽師・古本屋の京極堂。
探偵の榎木津。
普通の文士である関口。
彼らが織り成す謎解き。
その謎は、20ヶ月も身籠ったままの娘と
その夫が失踪したままであり行方不明であるということ。

この世の中に見えているものは本当に存在するのか、
目をつぶってあけた瞬間に
それはまやかしだったのではないかという可能性が存在する。
お化けは、個人の頭の中にあるイメージが作り上げた産物である。
この世の中に不思議なものはないと言い切る
京極道が展開する薀蓄はさすがに考えさせられる。

意識とは思考とは記憶とは。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-17 20:14 | movie/book/art