にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

book:バカの壁/養老孟司

人の反応。
y=ax
x:脳の中に入力された情報
a:現実の重み(?)

aが限りなくゼロに近いと。
無反応に近い状態になるんですね。

同じモノに触れても。
固有のaの値があるから、人によって反応が変わってくる。
また、モノによって値の触れ幅に特徴が出てくるから。
たとえ何かに強い反応を示さなくても。
他の何かにはすっごい反応をする。
ふむ。

何に対して自分はaが最大になるんだろう??

この本は、普通の人(その定義が何かと聞かれても説明はできないが。)
とはちょっと違った視点で物事を見ている。
もちろん言ってることには納得できるし。
考えたらそうなるなぁってこともたくさんある。
でも。いざ通常の生活を送っていると。
そんな視点は消えてしまうんだな。私の場合は。

評論家はまず批判的視点から入るとか。聞いたことがある。
批判的に物事を捉えないと、有名にはなれない。
たしかに、おすぎとぴーこ(映画評論家)も毒舌だ。
聞いていて面白いんだろうね。批判的視点の方が。

話が飛び飛びだけれど。
ちょっと違った視点から自分とか社会とか。
見つめなおしてみると。面白いのかもね。うん。
見方を変えなさいというメッセージを受け取る。
[PR]
by t01075ni | 2003-09-07 21:38 | movie/book/art