にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

news:フィギアスケート

d0028195_638498.jpg
@汐留日テレ前

スケートで日本人若手の活躍が
日夜騒がれている。
嬉しい反面、彼らに対して
スゴい形容詞が付いている。
局がつけるのか。これは?
シンデレラガール
ミラクルガール
イケメン・・・
それをそのままインタビューで
言われるんだから苦笑いするよね。

どうしても「イケメン高橋」は
かつてのいいとも青年隊の
岸田健作に見える。




アイスダンス1位の2人は魅せ方がうまい。
楽しさが演技から滲み出ている。
どう見られているかを分かっている。
そして客がどうしたら楽しむかも。

世間が注目していた
安藤美姫の4回転は、
本番という形ではなかったけれど
最後の最後でお披露目された。
私も思わず「よっしゃー」と叫んでしまう。
そして、
浅田真央オリンピック出場問題
出せば良いのに。
水泳はokでしょ。
ただスルツカヤは貫禄が違うと思うけれど。

人間にはピークの年齢があると思う。
岩崎恭子だったら14歳。
バルセロナオリンピック平泳ぎ金。
浅田真央に関してはまだ伸びるとは思うが
バンクーバーまではどうか不安。

そして本番への強さ。
練習+プレッシャー=本番
とすれば、練習量もさることながら
プレッシャーをプラスの力に変えられるか
重くのしかかるかが本番に表れてくると思う。
適度な緊張感とそれを楽しむ余裕。
浅田真央とミキティの違いはそこか。

-----
イベントを企画していないと
人生にメリハリがつかないことに気付いた。
3月の企画と6月の企画。
今はおぼろげながら2つの企画がある。
自己満足度合いが高いのは3月。
規模が大きく新しい挑戦なのは6月。
3ヶ月後と半年後。
時間は沢山ある。
やることも山ほどある。
なんかワクワクしながら人生を送れるって幸せです。
恵まれた環境に感謝。
[PR]
by t01075ni | 2005-12-18 23:36 | news/knowledge