にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

travel:8/4-8/6東北祭

d0028195_21284525.jpg
東北のたび。

8/4:ねぶた祭@青森
8/5:竿燈祭@秋田
8/6:花笠祭@山形
+α:くらげとカラオケ。

お祭りは、非日常。
地方も、わたしには非日常。

だから、いい。
だから、違うものを感じられる。




■8/4:ねぶた祭@青森
山車は、職人技の宝庫。
半年くらい前から、骨組みをつくって、
色付けした和紙をはっていく。
構想は、その年の祭が終わったら、
すぐに練られるのだろう。
おわりは、はじまり。

山車が、上下したり、せまってきたり。
練り歩いているみんなから、
興奮しているオーラがつたわってくる。
かれらにとっては、集大成。
みんな、いい顔してる。
おもわず、一緒に写真撮ってくださいって
言いそうになった。

d0028195_2132547.jpg


1人で、祭は見るもんじゃない。
一緒に、盛り上がれる仲間が欲しかった。
見れたことには、感動したけど。
共有できる仲間の大切さにも気付いた。

1人だったのに、ホテルを決めていなかったから、
夜が深まるにつれて、ちょっとドキドキした。
マン喫ないし。青森は混みすぎているし…。

八戸まで移動して、駅でケータイでググッた。
リンクから、1クリックで電話できるようになってて、
2年前のFOMAにやっと追いついたことを知る。
一瞬にして、ホテルゲット。
知らない地での不安は、あまり感じたことがなかったけど、
ケータイのメールで、だいぶ和らいだ。
文章は、自分で温度を設定できる。
ときに、便利だ。

■8/5:竿燈祭@秋田

盛岡で降りて、駅周りをお散歩。
この旅で、東北全県制覇になることに気付く。
新幹線で合流。ホッとした。

きりたんぽ食べて。
秋田探索。
旧秋田銀行、秋田城、竿燈博物館などへ。

いざ、竿燈祭。
d0028195_21401113.jpg

今年は、参加本数歴代2位の236本。
並んだ提灯は、稲穂。
五穀豊穣のため、250年前から続いてるお祭り。

臨場感。
提灯に、激突したり。
ずっとずっと続いている。
貫禄に触れたり。

キラキラした卵。
子どもも、いっちょまえ。

あたたかい、色合い。
やっぱり良い仲間と見るのは、格別です。

---
地元のギャルに、カラオケの場所を聞く。
うちらの旅の共通項は、祭とカラオケ。
前回は、北海道よさこい祭とカラオケ。

1つ教えてもらったとこは、なんとつぶれてた。
交番で、聞く。あっさりと見つかる。
それも、すばらしく豪華。

東京から来たってのと、
あと3時間で誕生日だって言ったら
1時間分、無料にしてくれました。
おねーちゃん、ありがちょ♪

ドリのHAPPY HAPPY BIRTHDAYを
歌ってもらってるとこに、店員さん参上。
電話つかってよーーー。
雰囲気ぶちこわれ。。
はじめて、人を手で制したわ。それも無言で。
そんくらい、感動してたし。うれしかった。

ありがとうね。
6の瞬間は、ホテルのロビーで迎えました。
友だちの電話やメールに、愛を感じ続けた。
いっぱい、目標立てました。
ノートに書いた。

■8/6:花笠祭@山形
の前に、+α

・くらげ水族館
その前に、言ったお寺は衝撃だった。
人間の究極をみた。
ぞくぞくしっぱなしでした。

d0028195_2212953.jpg

こういうシンプルなの好き。

くらげは、ふしぎ。
どこまでも、ふしぎ。
あの、ふわふわした動作で。
心もふわふわした。

d0028195_2222256.jpg

まるで、マリオのきのこ。
--
立ってるだけで、汗が出てくる。
海岸沿いを歩きながら。
すかーっとした空を、思わず見上げていた。

大事な人は、今なにをしているだろうか。
何を守って、生きていけばいいのか。
どんな人が、好きか。
どんな人に、なりたいか。
どんな世界を、描けるのか。
---
d0028195_005965.jpg

花笠は、おだやかでした。
パレードが派生したものだからかね。
地元色強し。

今回は、時間の関係で
七夕まつりに行けなかったので、
来年以降に、リベンジします。
実は、東北四大まつりではなく、
十大祭らしい。。
あと6カ所どこだ。。
[PR]
by t01075ni | 2006-08-06 21:26 | diary