にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

movie:ウィニング・パス


d0028195_11315445.jpg

ウィニングパス(2003,日本)
監督:中田新一
音楽:千住明
出演:松山ケンイチ、堀北真希、佐藤めぐみ

北九州市内の高校に通う17歳の健太(松山ケンイチ)は、バスケ部の5番としてフォワードを任される実力派であった。しかし、試合中に監督(寺島進)と衝突し、部活を辞めてしまう。ある晩、町工場を経営する父・正(矢崎滋)と進路について話し合うが口論になる。激しい雨の中、怒りを抑えられない健太は荒々しくバイクを運転する。と、目の前にトラックが……。命は取り留めたものの、下半身不随となってしまう。途方にくれ「死」を考えるようになる。そんな時、健太は、体育館で偶然行われていた車椅子バスケを見る。一瞬にして心を奪われた健太は車椅子バスケに生きる希望を見出していく。


ストーリー展開は、王道を行く王道。

「お前が、生きているだけで、いいんだ」という
父の一言で、健太の目がかわる。
そして、車椅子バスケとの出逢い。

松山ケンイチのどこか影のある演技は、
このときから健在。
真剣な表情からはにかんだ笑顔になるまでの
間の取り方が絶妙で、驚く。

初主演、17歳。
俳優を薦めた親の見いだした才能もすごいが、
それが本当に世間に評価されたのもすごい。
天職か。
[PR]
by t01075ni | 2007-01-17 11:14 | movie/book/art