にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

movie:ミリオンダラー・ベイビー

ミリオンダラー・ベイビー(2004,アメリカ)
監督 クリント・イーストウッド
出演 クリント・イーストウッド,ヒラリー・スワンク,モーガン・フリーマン

d0028195_12583294.jpg
ロサンゼルスで古いボクシングジムを営むフランキー(クリント・イーストウッド)は、タイトルマッチに挑戦寸前で、唯一の金のたまごでもある選手によそのジムに移籍され意気消沈していた。



良いテンポで進み、引き込まれていく。
動と静。使い分けがうまい。
ワクワク感が途中でじっくりの姿勢に変わる。
観終わった後に、頭の中で映画のメッセージがくるくる回ってて
しばらく会話なしでカフェまでたどり着きました。
それくらい考えさせられるぐっと心に働きかける映画。

モーガンフリーマンは改めて良い役者だと思う。
ヒラリースワンク(マギー)の肉体美も見もの。
30歳とは思えない。

(品川プリンスシネマのプレミアシートはgood☆)



トレーナーのフランキーがマギーにプレゼントしたガウンに書かれた言葉。
「モクーシュラ」

マギーがチャンピオンシップを取ったらその意味を教えるとの約束。
その試合で、マギーは人工呼吸なしには生きられない体になってしまう。

ボクシングのない自分が生きるということ。
「私は、もう十分生きた。」
「マギーをこのまま生かすことは、殺すことと同じだ。」
フランキーの苦渋の決断。
人工呼吸を外すこと。

マギーへ最後にモクーシュラの意味を。
「愛する人よ、お前は私の血だ」
[PR]
by t01075ni | 2005-06-12 23:34 | movie/book/art