にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:diary( 167 )

travel:Europe1*London(England)

9/3-15 Europe周遊。

5カ国いきました。
まずは、ロンドン。

d0028195_16321112.jpg

ビッグベン。
これは、国会議事堂。
建物の名称ではなくて、
中の鐘の名称がビッグベン。

d0028195_1632339.jpg

ウェストミンスター寺院。
ステンドグラスが、とても綺麗だった。

d0028195_1633214.jpg

大英博物館。
個人コレクションの賜物。
象形文字の神秘的な、ロゼッタストーン。
クレオパトラ。ミイラ。

d0028195_16333788.jpg

兵隊さんの交代式@バッキンガム宮殿。
48hr交代。
羽根の色で、役割が違うの。

d0028195_16335992.jpg

ウィンザー城。
1070年から。
迎賓館として使われている。

d0028195_16342414.jpg

ロンドンの街並。
ベージュの建造物に、ポイントの赤が
本当にステキ。
[PR]
by t01075ni | 2006-09-04 16:28 | diary
d0028195_0413885.jpg


41人で、キャンプ@蓼科。

BBQで、シャンパンに酔いしれ、
キャンプファイヤーの炎にときめいた。

線香花火は、すこしだけせつなく、
あの独特のにおいに、なつかしくなった。

d0028195_0451463.jpg


真っ暗な湿った草の上で、いろんな価値観に触れ、
満天の星空に、おもわず言葉を失った。

流れ星が、空を駆け巡り、
その場をシェア出来る、仲間のいる喜びを噛み締めた。

夢の中に行く前に、何かデカイことが
できるんじゃないかと、頭をかすめた。

朝、真っ青な空を見て、
今までの長い長い迷いが、やっと吹っ切れた。

みんな、ありがとう。
末永く、よろしく。
[PR]
by t01075ni | 2006-08-23 00:40 | diary

travel:8/4-8/6東北祭

d0028195_21284525.jpg
東北のたび。

8/4:ねぶた祭@青森
8/5:竿燈祭@秋田
8/6:花笠祭@山形
+α:くらげとカラオケ。

お祭りは、非日常。
地方も、わたしには非日常。

だから、いい。
だから、違うものを感じられる。

More
[PR]
by t01075ni | 2006-08-06 21:26 | diary

travel:7/23-7/26@八丈島

映画のメインロケ地、八丈島へ。
初上陸。

八丈の海は、曇っていても
波しぶきが乳白色で、
周りがキレイなブルーになります。
八丈ブルー。ていうんだって。
d0028195_11471527.jpg


八丈のメインイベント。
夏祭にブースをもらいました。
島のみんなは、本当に協力的。

八丈の方々は、心の芯が温かい。
見た目は、クール。
それは、真剣さなんだということが分かった。
子どもでさえも、そう。
一人前の人間として扱われている。

d0028195_115228.jpg

会長にご馳走になった、島寿司。
わさびではなく、からしでいただきます。
絶品でした。

d0028195_11533664.jpg

波しぶきがあがる、浜で太鼓を叩く。
みんなで、セッション。
自由度の高い島太鼓。
うまく、叩けるようになりたいな。


希望と不安を覚えた。
島の魔力を浴びて、
きっとよくなると思えた。
メンバーと、本音で語った。

More
[PR]
by t01075ni | 2006-07-26 11:46 | diary

いまを生きる。

最近、答えのないことばかり考えていた。
堂々巡り。
ローテンション。

More
[PR]
by t01075ni | 2006-06-30 23:33 | diary

diary:やるんなら

クオリティは、あげられるとこまであげたい。

学生だからね、て言葉は、
絶対にいわれたくない。

時間がかかっても、
多少苦しさが増えたとしても、
一緒に走ろう。

時間かけた分、
沢山の人が関わった分、
良くなる自信はあるから。

世の中にある作品は、
すべて人間が創ったもの。
こいつらとなら、
越えられない壁はない。
[PR]
by t01075ni | 2006-06-23 22:44 | diary

捧ぐ


もう少ししたら、巻き込もうと思っていたのに。
あなたを。
味のある存在だって、認められていたはずなのに。
もう、この想いは、現実にはならない。一生。

良い仲間。いっぱいいたでしょう。
でも、あなたが決めたんだよね。
もう、終わりにするって。
いままでと未来をてんびんにかけて。


そして、あなたの直前の想いに触れ、
頭の半分だけは、妙に納得した。

社会に伝えたい想いてのを、
既に、いろんな作品に落とし込んだのね。

仲間の誰かが、言った。
遺書も作品なんだ。

彼の、世界に対する想いや表現が
詰まっていた。どんな顔して書いたかも。

でも、もう生で声は届かない、てのを
どうやって咀嚼したんだろうか。

そして、世界は変わっていく、
共に、もっと新しい想いが生まれる。

あなたが、私に遺したことば。
すごいエネルギーの持ち主。

ならば、わたしは、それを全うしよう。
[PR]
by t01075ni | 2006-06-18 23:28 | diary

おめでとう。

d0028195_11132755.jpg
ほんとうは、
いつも想っている。
心の中で。

ほんとうは、
言葉に出していたい。
惜しみなく。

いるだけで、
幸せなんだと。
その笑顔があるだけで。

反対の行動をとって。
いっぱい、かなしませたこと。
もう、子どもじゃない。

いつでも、
大人としての接し方を。
できるくせに。

つい、甘えてしまう。
あなたのまえでは。
それで、いいのかもしれない。

いつも、ありがとう。
おめでとう。
ずっと、守ってください。
[PR]
by t01075ni | 2006-06-14 11:12 | diary

やっぱり、

毎日が、最後の日。
 or
毎日がはじめの日。

て思って、生きていたい。
と、強く思う。


やることと、やりたいことの
時間の需給バランスが、とれていなくても。
[PR]
by t01075ni | 2006-06-11 10:25 | diary

[報告]おやすみ。

d0028195_10291536.jpg
このblogをご覧の皆様へ。
いつもありがとうございます。

しばらく光を探して旅に出ます。
すぐに帰ってくるかもしれないですし
しばらく帰ってこないかもしれません。

気の向くままに。
再開した暁にはどうぞまたご贔屓に☆
[PR]
by t01075ni | 2006-01-21 10:31 | diary