にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2004年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


バレーボールを見る限り多くの選手がこれを付けていたと思う。
あと父の会社の近くにファイテンのショップがあるらしく、
社員の方々が皆付けていて好評だと言う。
さっそく買ってきてもらった。
なんかファイテンだと秋実で作ったCMのイメージしかなくて
ちょっと遠ざけていたんだけれど。効果はいかに。

肩こりなくならないかなぁ・・・。

そもそもアクアチタンって何だ?
(ファイテンのwebより。)
【アクアチタン】
今まで水に溶けないとされていたチタンを
分子単位で水と結合させる事に成功しました。
その水溶化されたチタン(アクアチタン)を
繊維の一本一本に浸透させ布自体をチタン化することを可能にしました。
ファイテンウェアシリーズは、血液循環が弱くなった部分に
直接チタンが働きかけて体を癒し、神経や筋肉をリラックスさせます。

おぉ。チタンにはそんな効果があったのですね。
神経や筋肉のリラックスとは。
これは素晴らしいかもしれない。
1週間くらい続けてみようと思います。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-30 20:04 | diary

food:寿司:久兵衛

銀座:久兵衛

昼間からお寿司。ここはサービスを買うところだと痛感。
もちろんネタも本当においしい。
タイミングも素晴らしい。
そしてサービスがかなり素晴らしい。

わかめとみょうがの和え物。
みょうがが本当にしゃきしゃきしていておいしかった。
おかわり自由なのはオイシイ!

そして一品ずつネタが出てきます。
もっと噛みたいのにとろけてしまう中トロにはじまり、
お塩で食べるイカ、旬のカツオ、ホタテ、アジ、イクラ、エビ、巻物などなど。
新鮮でとても素晴らしいタイミングで出してくれます。

板前さんとお話をしている中で、
おうちにケータリングにも来てくれる事を知る。
誕生日に来てもらおうかなぁなんて思案中。
アワビも生きた車エビもウニもまだまだ食べたいものがたくさんありまする。
たまの贅沢はとても幸せなのです☆
[PR]
by t01075ni | 2004-05-27 20:06 | food/shop

040522:半角と全角

日経ウィークエンド版に
半角と全角についてのコメントが載っていて納得させられた。

正確には覚えていないけれど言いたいことは以下。
・IDなどを入力する際に半角でないとはじかれてエラーになってしまう。
・Googleは半角でも全角でもどちらでも認識してくれる。
・半角でも全角でも全般的に受け入れるような体制にした方が良いのではないか?

就活などでたくさんのIDを発行され、
エントリーする際には必ずページにログインしていた。
半角じゃなくてはじかれた時は結構ある。
全角だと途中で気づけば「F10」を押せば半角になるのだがそれも煩わしい。
意外と全角の時に「F10」を押すと半角になることは知られて居なくて、
わざわざ BackSpaceで消して半角ボタンを押して、
再度入力しなおす人も多いだろう。
そんなのも、全角半角両方認識してくれる体制になれば一発解消。

些細なことだけれど、大事な要素かもしれない。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-22 20:08 | diary

040521:メッセンジャー

友達がメッセンジャーについてコメントしていたので、
なんとなく思うままにつらつらと。

メッセンジャーのサインイン名でアピールしている件について。
かまって欲しいというよりも、突っ込まれるのを狙って、
メッセンジャーのサインイン名を変える時はある(あった)なぁ。
最近は滅多にやらないけれど・・・。

この時に働く心理は以下になるのかな。
・(自分がかまって欲しい特定の)誰かがサインインした。
・もしかしたら、こういうサインイン名にしたら、
その人から話しかけてくれる可能性がある。
・よし変えよう!
・→結果やいかに。

おそらく、その場合はある程度話しかけられるのを想定しての
サインイン名になるのだろう。
たまに浮き足立ったサインイン名(こと恋愛関係が多いと思う)だと、
突っ込んでくれる層が増える(と感じている)。

極端な例がふと頭をよぎったんだけど、すっごい鬱になってる時に、
もう死んでやるとかそういう類のサインイン名にして、
ヘルプを求めている人が居たら、
話しかけられないことでの影響は大きいのかなぁ?

そしてそれで拍車を掛けて自殺に追い込んでしまうとかってあるのかなぁ?
逆に、そういうサインイン名になっているのを誰かが気づいて、
その誰かに話しかけることで、症状が緩和することがあるのかなぁ?
と変な想像をしてしまいました。

もし、そういう状況(稀だろうけど)になったら、
メッセンジャーの存在意義は大きくなる可能性があると思う。
こんなに極端じゃなくても、ちょっと落ち込んでいる時に
メッセンジャーを介して励まされる時ってあるもの。
人と触れずにパソコン介して励まされたりされているのを考えると、
嫌になるけれど、それでもメッセンジャーで気持ちが上向きになるのであれば
それにこしたことはないだろうし、
そこまで効果を出してくれるメッセンジャーも
賞賛に値するものになってくるのかもしれない。
(ちょっと褒めすぎかもしれないが。)

今思い返すと、暗いなぁという感は否めないのだけれども、
私自身、メッセンジャーを通して励まされたことがあるのですね。
それを考えるとやはり侮れないメディアなんだなぁと思ってしまいます。

まぁ、どちらにしても行間を読んだり、雰囲気を読むのが得意で、
そういう文化が染み付いている日本人の性質には合っているんでしょうね。
このメディアは。
外国に住んでいる友達のメッセンジャーのサインイン名は
基本的に名前オンリーだもんなぁ。

最近は音声チャットもできるし、webcamが浸透したらどんどんコミュニケーションの表現幅が増えるから旨く活用しない手はないのかもしれないと思います。

んー。うまくまとまらない。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-21 20:09 | diary
ほぼすべての本を読んでいる作家。
きっかけは母がおいしいコーヒーシリーズを買ってきて、
私に勧めてくれたことから。
ライトな青春小説なんだけれど、描写が綺麗で、
読んでいてとても清清しい気分にさせてくれる本。
これは上下巻あるんだけれどさらっと読めます。

兄に恋人を盗られそして結婚まですることになってしまった祐介は、
友人の誘いから長野の菅平にあるペンションでバイトをはじめる。
そこの登場するさまざまな個性溢れるキャラクター。

そこの登場する桜ちゃん(小学校6年生)は
とても優秀で良い子なんだけれど、登校拒否になってしまう。
お母さんは半ばヒステリー気味に学校に行けと言う。
両者の葛藤のシーンで「甘え」についてのくだりがある。
そこにとてつもなく共感を覚えた。

「人に甘えたり寄りかかったりすることを、
世間ではとかく弱さと結びつけて非難する傾向があるけれど、
それも時と場合によるのかもしれない。
苦しくて苦しくてどうしようもない時に、
ほんのつかの間でいい、無条件に甘えさせてくれるものの存在は、
どんなに人を安らがせ、勇気付けることだろう。
人間は機械とは違う。時には休みだって必要なはずだ。
体ではなく、心が休息を必要とする場合だってあるはずなのだ。」

自律神経。体を自動的に調節してくれる機能。
それはふとした時に狂う。
親を亡くした人が1日にして白髪になるとかも、
ホルモンや神経の影響であろう。
気持ちによる体への影響は意外と大きい。

無条件に甘えさせてくれる存在。
本当に大事だと思う。
たまにがっつり頼れる人がいるのはステキなことです。
今更ながら改めて感謝☆
[PR]
by t01075ni | 2004-05-20 20:13 | movie/book/art

book:姑獲鳥の夏/京極夏彦

森博嗣以来の推理小説。
姑獲鳥(うぶめ)の夏です。
読み終わった時に思考が飛んだところに行っていた。
陰陽師・古本屋の京極堂。
探偵の榎木津。
普通の文士である関口。
彼らが織り成す謎解き。
その謎は、20ヶ月も身籠ったままの娘と
その夫が失踪したままであり行方不明であるということ。

この世の中に見えているものは本当に存在するのか、
目をつぶってあけた瞬間に
それはまやかしだったのではないかという可能性が存在する。
お化けは、個人の頭の中にあるイメージが作り上げた産物である。
この世の中に不思議なものはないと言い切る
京極道が展開する薀蓄はさすがに考えさせられる。

意識とは思考とは記憶とは。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-17 20:14 | movie/book/art
GATES OF HEAVEN / Do As Infinity

Do As Infinity
私が高校の頃に渋谷で路上ライブをしていたバンド。
彼女たちを認識したのはその頃だった。
いつの間にかテレビに出るようになって
だいぶ売れるようになっててびっくりした。
ボーカルの伴ちゃんがロングヘアーをショートにした時は衝撃だった。
歌自体はそこまで聞いたことはなくて、
テレビで何度か見る程度だった。
あとは友達がカラオケで歌っているので知っていたくらいかな。

友人がDo As Infinityを好きだと言っていたので、CDをお借りしました。
いいじゃないですか♪笑
次回はカラオケのレパートリーに加えさせていただきますよ!
お気に入りが増えました。ありがとう☆
-----
アザヤカナハナ。

誰も知らないけど
僕は負け犬だったんだ
近くにあるのに
見えなくて
いつも彷徨っていたんだ…

独り善がりの嘘を並べて
誰も入れないように鍵をかけて
閉ざされた暗い部屋の中で
自分さえ見つけられなくなっていた

そう 分かっていた
こんなんじゃ何もできないよ!!

君は好きですか?
貴方の事を
埃被っているよ
アザヤカナハナ

窓を開けてみなよ
冬の匂いがするんだ
見た事無いような
ときめきが
君を待っているんだよ

そんなありふれた造り物の花じゃ
いつまで経っても香らないんだ
安物のプライドにしがみついたって
何の結果も残せないのさ

もう これからは
歪な自分だっていいじゃん!!

君は好きですか?
貴方の事を
埃被っているよ
アザヤカナハナ

それでいいのか?それがいいのか?
お隣さんとは違う君だけの
アザヤカナハナを咲かせてよ!!

君は好きですか?
貴方の事を
埃被っているよ
アザヤカナハナ
君が見えないよ
何処にいるんですか?
それじゃ枯れてしまうよ
アザヤカナハナ
[PR]
by t01075ni | 2004-05-16 20:16 | movie/book/art

姓名判断

姓名判断

板 橋 奈 美
8 16 8 9

総運 社会運 人生運 伏運
 ○   ○   ○   ○
 41  24   17   41
◎:大吉 ○:吉 △:小凶 ●:凶および大凶

男性は行動力に富み、集団のリーダーとなる人が多い。
ただ、野心が強く部下に過酷だと地位を追われる。
女性はしっかり者で、仕事も家庭も成果を上げ、幸せになれる。

幸せになれるらしいです。笑
[PR]
by t01075ni | 2004-05-14 20:17 | 占い・ことば

040512:終。

人の死亡率は100%だ。
そんなことは分かりきっている。

通常、人間は死ということからは目を背けてというか
基本的には記憶の片隅に追いやった状態で生きていると思う。
死は隣り合わせにあるのにもかかわらず。

死の記憶とか意識が前面に来るのは、
事故・病気・周りの人が亡くなったり
あとほんのふとした時などが絡んでのことであろう。

この世に生を受けずにおなかの中で亡くなってしまう赤ん坊や
120歳まで生きている長寿の方。
平均寿命は主に医学の進歩の影響で日本では今や80歳前後である。
それでも、事故や病気で若いうちに亡くなる人はたくさんいる。
赤ん坊の時や若くして亡くなってしまう人が少なくなっただけであって。
その事実がなくなることはおそらく一生ない。

先日、高校時代のクラスメイトが病気で亡くなった。
今でもまったくもって信じられないし、
元気な時の姿しか私には出てこない。
電話をすれば明るく透き通った彼女の声で出てくれると思っている。
それに、教室で発言していた彼女の姿と声が鮮明に蘇ってくる。

でも、それはもう実現はしない。
彼女はもう居ないのだ。
文字媒体だとどうしてもあっさり言っているように聞こえるかもしれないが
実際は本当にすっごいショックで体の震えがずっと止まらなかった。
その知らせを聞いてからもずっとぼぉっとしてた。

お世辞でも何でもなく将来かなり有望だった。
優しさ溢れる気遣いさん。
的を射た発言にはいつも感心させられっぱなし。
自分の道をしっかり持っていて英語も堪能。
日本は確実に逸材を失った。絶対だ。

今にも話しかけてきそうな写真を見つめ。
ありがとう。たくさん。
お葬式では中高の友達とあまり喜べず歯痒い気持ちのまま再会をした。
疎遠になっていた人とも再会出来たけど、こういう形では・・・。
という気持ちが強すぎてなんだかとてももどかしかった。
彼女が引き合わせてくれたんだけれど。

今ある時間を惜しみなく使う。
精一杯。
それ以上。
改めて教えてもらった。
ありがとう。

気が狂いそうなほどもどかしかった。
無力さと。自分自身を律せねばという強い思い。
失ったものは取り戻せないということも。
今ここに立っていることが素晴らしいことだということも。
当たり前のことを当たり前と思わずに、
ステキなことなんだということを。

今日もまたどこかで、誰かが亡くなり涙を流す人が居て、
その傍らで誰かが生まれ誰かが結婚して喜ぶ人がいる。
世界中は、プラスとマイナスで構成されている。

山があれば谷がある。
終わらない道はない。どういう形であれ。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-12 20:18 | diary

food:生しらす丼

とびっちょ@江ノ島

2年前に始めて行ってすっごく気に入ってから定期的に来ているお店。
江ノ島にある「とびっちょ」。
今日は母の日ということで、私が運転して家族で江ノ島へ。

雨で風も強く寒かったにもかかわらず相変わらず混んでいましたね。
生シラス丼とかきあげめん。
以前より量が増していたような気がしました。
あと味はほんのちょっとだけれど落ちていた気がしました。
んー。人気出ると味が落ちるのは仕方のないことなのかもしれないけれど
ちょっと残念。十分美味しいんだけれどね。

父も母も江ノ島に来るのはとても久しぶりだったみたいで、
その変わりように驚いていた。
私が江ノ島に初めて行ったのはSFCに来てからだから
私にとっての江ノ島はずっと同じ印象。
灯台が新しくなったり水族館が新規オープンはしているものの基本的には同じ。
江ノ島神社の方の雰囲気は、
父と母に言わせればそこまで変わっていないようで嬉しかったようだ。

常日頃海が見たいだとかとびっちょ丼が食べたいだとかで
来ている江ノ島に歴史を感じられてなんだか新鮮だった。
[PR]
by t01075ni | 2004-05-09 20:21 | food/shop