にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2004年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近食がめっきり老人っぽくなってきている。気がします。

<そのまま食べるもの>
・もずく
・稲庭うどん
・寒天(自家製)
・ゆで小豆
・冷凍ブルーベリー
・ジューシーフルーツ
・アイスボックス(グレープフルーツ味)
・氷
・ジンジャーティー

<何かと一緒に食べるもの>
・わかめ
・おくら
・みょうが
・納豆

食べ方とかの詳細をば。以下に。
(たいしたものじゃないかも。。)

More
[PR]
by t01075ni | 2004-06-30 18:18 | food/shop
自然と涙を誘発された。
めぐり合わされるべくしてそうなった。
運命とはこういうことを言うのだろう。

大沢たかおと森山未来のオーバーラップは自然だった。
最後のオーストラリアの赤土に舞う遺灰と
2人の入り混じった想いがとても胸に突き刺さった。
そして、平井堅の歌はどんぴしゃなのですね。
やばかった。

まだ観ていなくて泣きたい人は是非。

話題作をちょっと遅れて観て来ました。
本はだいぶ前に読んでいたこの作品。
本とはちょっと書き換えられた部分があると
聞いていたのでそれもまた楽しみでした。

それにしても、この本は出版から1年過ぎてヒットした作品。
在庫を見てCDジャケットっぽい表紙。
そして話題になるようなストーリー性。
そこに目を付けたある男性が書店300店舗に手紙を送り、こ
の作品を置いてもらえるようにお願いした。
それからこの作品のヒットが生まれたのだ。
一人の男性によって映画そしてテレビでもやるようになった。
社会を躍らせるってこういうことを言うのかもしれない。
仕掛け人っていいな。

あと柴崎コウは最近のお気に入り。
オレンジデイズもその前のドラマもいろいろ観ているけれど、
その度に演技力に幅が出ているように感じられる。
巷での評判はいまいちだが私は好きだ。
タバコすぱすぱで酒飲み。
清純派の役は出来ないのかもしれないけれど・・・。
[PR]
by t01075ni | 2004-06-29 18:20 | movie/book/art

040620キャラクター商品考

銀座を歩いていたらハローキティになるように
組み合わされた花束に出逢いました。

キャラクター商品って現在溢れに溢れている気がするけれど、
ハローキティのようにここまで長い間親しまれている
キャラクターは珍しいように思います。
挙げるとすると何があるかしら。
30年くらい親しまれ続けているキャラクター・・・。
んーー。んーー。
ミッキー?スヌーピー?

たいていは生まれては消え生まれては消えと
普通の流行と同じような波の繰り返しが起こるものですよね。
自分自身も昔好きだったキャラクター商品を思い出すと
何で好きだったのかすら分からないものさえありまする。
すっごいレアなところで行くと「るるる学園」
(知ってる人が居たら是非お話したいくらいレアだろうと思う。笑)。
サンリオで出てたけれど、今となっては
なぜそれが好きだったのかはまったく持って不明。
そもそも惹かれるのに理由はないのでしょうか。

長続きしている流行。
すなわち定番商品となるのであろうか。
昔から親しまれているものにはやはり良いものがあるように思います。
キャラクター商品だけでなく、食べ物とか飲み物、そして会社に至るまで。

ハウスバーモントカレー、文明堂のカステラ、三ツ矢サイダー、六条麦茶・・・。
あまりぱっとする例えが思いつかないのでこれ以上羅列は控えますが。
そう考えると伝統とか古くからあるものとか
自分自身結構好きなことが判明してくるわけで。
古いお寺とか昔からあるものとかを見て
とても心惹かれたり興味を覚えたりするのは
潜在的にそういう心理が働いていたのかとふと思うわけです。
おじいちゃんのお話聞くのも好きだったしなぁ。

キャラクター商品考から伝統の話しになってしまいました。
いやはや。
[PR]
by t01075ni | 2004-06-20 18:22 | news/knowledge

food:手打ちほうとう

food:手打ちほうとう@へっころ谷

湘南台のとってもおいしいほうとう屋さん。
へっころ。
webがないようなので、どなたかが紹介しているページ

本当はざんまいで焼肉を食べるはずだったんだけれど
あまりに混んでいたのでほうとうにチェンジ。
夏に熱いものというのもまた良いものです。
[PR]
by t01075ni | 2004-06-10 18:25 | food/shop
氷河にワイヤレスセンサ。ノルウェーで温暖化の調査プロジェクト

氷河表面下約60メートルの地点に、
ワイヤレス通信機能を内蔵したセンサカプセルを埋め込んだそうだ。
センサカプセルは、定期的に周囲の氷の状態を計測し、
地上のベースステーションとの通信を行いながら、
位置情報の確認も行えるそうだ。

IT技術も温暖化防止とか環境保全のために
もっともっと使えるようになってくれば、
新旧の共存となるのだろうか?
新しいものを取り入れるということは
どこかしらにメリットデメリットが生じるから
評価し難い物ではあるけれど、
バランスを取れるポイントを考えて
導入していくのならば良い方向に向かっていくのかな。

今後、どのように活用されていくのかが楽しみだ。
[PR]
by t01075ni | 2004-06-02 18:27 | IT/mobile