にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「豪雨見舞い」で2億円の宝くじ当たり券・福井県に届く

びっくりだ。これはきっとただの善意だけではないのだろう。
(疑ってしまうところがちょっと嫌だけど・・・。笑)
福井県に住む誰かに人には言えない何らかの借りがあるのか、
それとも生き別れた親戚が居るとか。んー。
それともこの宝くじは盗んだものだったとか。

事情はどうあれ。2億円の当たりくじをぽーんとあげてしまうのは凄いですね。
悲しきかな2億円当たっても全額を被災地の方に
あげるだけの心の広さは私は持ち合わせておりませぬ。
だって家のローンも払いたいし、もし当たったら留学とかもしたいし。。。

でも単純に2億円が福井県の復興に有効的に活用されるのであれば
とてもステキなことだと思います。
病気になったり災害にあったりすると
今いる自分の場所がとても幸せであることに気づかされます。

些細なことに感動して毎日を送っていきたいものです。
昨日はやる気のない日と少し嬉しい日だった。
今日はやる気を出して夏休み初日を迎えるべく課題をやらなくては。
よし。気合。
[PR]
by t01075ni | 2004-07-25 17:58 | news/knowledge

data:男性薄毛率調査

アデランスさん。
面白いのやってるじゃないの。
世界男性薄毛率調査レポート

日本人の成人男性の薄毛率が年々増しているのが気になるところ。
1982年:15.6%→2001年→25.69%

薄毛の判定基準が笑えた。
調査における薄毛の判定基準は、
髪の悩みに長年対応してきた当社の薄毛基準に基づき、
既に前頭部の毛髪が後退している
また頭頂部やつむじ部分の毛量が周辺の毛量より明らかに減少している
と肉眼で判断できる頭髪状態としています。
この調査から薄毛率が算出され、
その数値を公表されている成人男性の人口に掛けたものが、
薄毛人口(推定)となります。
[PR]
by t01075ni | 2004-07-24 18:00 | news/knowledge

040723:ICタグ1個5円

ICタグ、来年度中に1個5円――経産省と日立開発へ

ICタグが安くなるそうだ。
100円くらいだったのが20分の1の値段になったら
普及に拍車がかかりますね。
世の中の様々なもののトレーザビリティが分かる時代到来☆
他の応用分野もたくさんあるでしょうし。
[PR]
by t01075ni | 2004-07-23 18:03 | IT/mobile

040722:テストとお茶。

・マクロ経済と統計解析のテスト。
オーストラリアで全然勉強できず、
一夜漬けでどうにかしようと思ったにもかかわらず、
ぱたっとすぐに寝てしまいました。
そのため出来はいまいち・・・。
どうにかなってくれることを祈ろうっと★
あとは忘れていたレポートをちゃちゃっとやらなくては。
そしたら夏休み。
全然予定は入っていないけれど。
楽しみなことはいくつかある。これから増える楽しいことも。

BBQ、お食事会、tana/aki合同イベント、スイーツフォレスト、
大事な人との再会、a-nation04、親友との旅行、
友達との映画、お茶、後輩とお食事などなど。

・モスでお茶。
とても久しぶりに少し歯痒い気持ちと照れの中
お茶(私はおやつ)。ありがとう。
自分にはないステキなものをたくさん持っている。
もっとたくさん話したい気持ちが湧き上がりました。
一緒にやりたいこともたくさん。夏休みが、そしてこれからが楽しみだわ。

そろそろ普通の生活に戻らなくては。体力も快復してきたことだし。
周りの人が心配してくれるのはとても有難い事。
恵まれていると改めて感じます。
いくら食べても肉の付かない体は憧れだったけれど。
いざなってみると。体脂肪低いから体温調節できないし、
おなかいっぱい食べたと思ってもすぐにおなか空いちゃうから燃費悪いし。
新陳代謝悪いからむくみやすいし。
良くないことも浮き彫りになってきますね。
隣の芝は青く見えるように。
メリット・デメリットありますね。バランスが大事。

全身痒くて痒くて眠れなかった日々も終息に向かっています。
頭の先から耳の中そして爪先まで全身の皮膚が
総入れ替えするかのように炎症がおきました。
すべてをシャットダウンし療養に全神経を注いだ。
自分の弱さにやっと気づけた。向かい合えた。
ひどくなるのはあっという間。治るのには時間がかかる。
完全回復にはあと1ヶ月は必要かな。
たぶん後期が始まる頃にはぴんぴんしてるはず。
気合★

好きなんだろう。巧みな話術とさらっとしてるあの感じ。
けして気取らない優しさ。包み込まれているようで。
とても安心する。自然と惹かれて行く。
どうしたらよいだろう。
迷うなら行動してから!というスタンスできたけれど。
いつからかそれが出来ない身体になっていた。
原因は分かっている。でも人生は一度きり。
そう。もう戻ってこないから。
踏み出しても壊れないという自信があるから。きっと平気。
その日まで。自分を磨く。
第一ポイントまではあと少し。
[PR]
by t01075ni | 2004-07-22 18:05 | diary

040721:大学生活

大学生活の最後の年ももうそろそろ折り返し地点。

思い描いていた生活とはちょっと違った今年だけれど、
それもまたありだったのではないかと思える。
そう思わせてくれたのはやっぱり友達の力、
そして家族の力など周りの環境の力がとても大きく働いている。
改めて恵まれているなと思うのと、
それに対する感謝の気持ちでいっぱいな今日この頃。

More
[PR]
by t01075ni | 2004-07-21 18:08 | diary

040703event:tana04

七夕祭。

004年7月3日慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで七夕祭が開催された。
1年の時に実行委員として参加して以来4回目の七夕祭。
今年は自分の体調が悪くて思うように手伝えなかったのがすごく心残りだが、
音像工房の4年生で模擬店出店したり、
YEARBOOKの写真を先輩と撮ってみたり、
お酒を飲んでみたり、最後の花火をステキな場所で偶然見れたりと
とっても楽しんだ。(なんか誰かと同じような内容になりそうだ。笑)

自分自身の性格から裏方は好きだ。
それも出来るだけ大勢の人を楽しませたりすることが出来るものなら尚更。
自分がかかわった何かで誰かが喜んだり
楽しんだりしてくれることにとても魅力を感じる。
何でかっていわれるとうまく説明できないんだけど、
人が笑顔になったり人に何か影響を与えられる
っていうことに自分が関与することって凄いことだと思う。

一期一会とはよく言うものだけれど、
その場を提供してそこのコンテンツを自分たち色で満たして、
そこに誰かが来てそこで何かしらのハッピーがあって・・・。
私が会わなくても何かしらのハッピーを作れているわけで。
知らない人なのに同じ場所をシェアできていて。
一番この感覚を分かってくれるのは実行委員やってた皆。
同じものを感じて戦って創った物。

戦友。同士。仲間。本当に大事。
うちの代はやっぱり落ち着く。
後期何かやらかしたいよ。
すべては自己満足?
いやいやそんなことはありませんよ。笑
[PR]
by t01075ni | 2004-07-03 18:10 | diary
村山由佳が変わった。
今までの彼女の小説からは想像出来ない話の書き方。
本の分厚さも去ることながら一気に読み上げました。
相変わらず描写はとても綺麗。
主人公の真冬-マフィ-はとても芯が強く
でももろい女性で思わず手を差し伸べたくなりました。
[PR]
by t01075ni | 2004-07-02 18:12 | movie/book/art