にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー

<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

[報告]おやすみ。

d0028195_10291536.jpg
このblogをご覧の皆様へ。
いつもありがとうございます。

しばらく光を探して旅に出ます。
すぐに帰ってくるかもしれないですし
しばらく帰ってこないかもしれません。

気の向くままに。
再開した暁にはどうぞまたご贔屓に☆
[PR]
by t01075ni | 2006-01-21 10:31 | diary

art:Olafur Erliasson 影の光

d0028195_1083438.jpg
Olafur Erliasson 影の光展
原美術館

写真は初期代表作「Beauty」
1993年の作品。

光と水だけの空間。
五感を研ぎ澄ます。
彼の世界に吸い込まれそうになった。

流動的なものが作り出すモノ。
一度として同じカタチはない。
シンプルな中に
言葉で表せない気持ちが生まれる。

彼が何を思ってこれらのモノを創るのか。
環境の知覚、認識、適応。
個々人の心理的状況、バックグラウンドによって
感じ方捉え方は変わる。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-20 15:01 | movie/book/art
d0028195_7321486.jpg
NUOVO CINEMA Paradiso
(1989,イタリア)
監督 :ジュゼッペ・トルナトーレ
出演 :フィリップ・ノワレ,ジャック・ペラン,アニェーゼ・ナーノ
1980年代のローマ。成功した中年の映画監督サルヴァトーレ・ディ・ヴィータは夜遅く帰宅。留守中、故郷シチリアの母親から電話があった。アルフレードが死んだという伝言。その名を聞いて、サルヴァトーレの脳裏にはシチリアのジャンカルド村での記憶がまざまざと蘇った。


1989年に銀座シネスイッチで初公開された。
トトと映画技師アルフレードの年の差を超えた友情。
白くて埃っぽい広場、教会、皆の娯楽の場パラダイス座。
なんだか懐かしくて無性にあたたかい。
音楽もとても魅力的。
離れてはいても根底には一緒に過ごした時間や思い出がある。
それがいかに人を動かし強いものとさせるか。

トトの笑顔がたまらく良い。
d0028195_7353956.jpg

[PR]
by t01075ni | 2006-01-19 07:55 | movie/book/art

movie:THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル(2006,日本)
監督 :三谷幸喜
出演 :役所広司,松たか子,佐藤浩市,篠原涼子,香取慎吾
d0028195_7182523.jpg

舞台は大ホテル。大晦日の慌ただしい夜。
年越しパーティーを無事に開催できるか。
豪華出演者たちのそれぞれのドラマが繰り広げられる。

どたばた。はちゃめちゃ。
そんな中に三谷さんの笑いの方程式がてんこ盛り。
笑い声がたえない劇場。
「お客さんの笑い声がプラスされて、映画は完成します」
と三谷さんは言う。

映画でも会場を一体とさせる場を提供できる。
舞台を主にやってきた人だから、意識が常に客にあるのだろう。
笑いだけじゃない。あたたかいだけじゃない。
単純じゃない。決して飽きさせない。
ほんと大笑いしまくりました。
スッキリしたい人は絶対に観るべきです。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-18 13:16 | movie/book/art
ニワンゴ
携帯メールの本文に「乗換 三田 湘南台」と入れて
[m@niwango.jp]に送ると回答メールが返ってきます。

コマンドはこんな感じ。
天気、乗換(始発・終電・時刻表)、ニュース、小説、着メロ、占い
おみくじ、画像合成、辞書(英和・和英・国語)、地図、2ちゃん。
隠れコマンドも存在するようで。

プル型だけど、欲しい情報をかなり高い確率で
かつ手間なくゲットできるタイムリー情報。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-17 08:43 | IT/mobile

U are the One

今日は大切な人の誕生日。
もう届かないけれど。
おめでとう。
おじいちゃん。

いつも頭の片隅にいる。
1年の中でこの日は自然と想いが強くなる。

私はおじいちゃんをとても尊敬している。
明治生まれからくる礼節。
自宅にいてもYシャツとスーツのズボンは欠かさなかった。
「騙すくらいなら騙された方が良い。正直であれ。」

一方でユーモアは忘れない。
いたずら好き。
よく2人で知らん顔しつつも、顔を見合わて吹き出したのは
微笑ましい思い出。

立場をわきまえた振る舞い。
90歳を超えて自分がいろいろ出来なくなってることを認識した上で、
常に感謝の言葉や気遣いが半端なかった。
最後の最後まで。
オーストラリアに住む娘が駆け付けて数時間後に
息を引き取った。
待っててくれたんだと誰もが思った。
寒い寒いクリスマスの日。

子ども相手のくせに真剣にやる腕相撲。
バスを待ってる時に教えてくれた葉っぱで音を鳴らす遊び方。
坂の上にあるお菓子屋さんに行く時につないだ大きく味のある手。
たばこ屋のおばちゃんに孫が来たと誇らしげに話している優しい目。

本当に大好きな人。
おじいちゃんにいろいろ報告するのが楽しみだった。
おじいちゃんが話してくれる昔の話が大好きだった。
私の結婚式に出たいって言ってたのは叶えてあげられなかったね。
おじいちゃんの得意の謡い「高砂」で祝って欲しかったよ。

やっぱり寂しいけれど、おじいちゃんと過ごした日々がそれを埋めてくれる。
ふと。あなたが生きてきたルーツをもっと知りたいと思った。

掛け替えのない存在。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-16 23:03 | diary

live:Masaki

d0028195_21391552.jpg

Masaki live@MUSICASA

ことばで表せない部分を弦で奏でて音にのせる。
目を閉じるといろんなシーンを創ってくれる。
荒削りだけど優しさは溢れ出るほど。

今日はヴァイオリンの音がなんだかたまらなくせつなかった。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-15 21:39 | 写真

book&movie:East of Eden

エデンの東(1955,アメリカ)
旧約聖書に取材したジョン・スタインベックの長篇小説の映画化で、第一次世界大戦参戦前後のアメリカ、北加州の農村を舞台に展開される青春ドラマ。


監督:エリア・カザン
出演:ジェームズ・ディーン,ジュリー・ハリス

素直に感情を表すことへの葛藤。
いつの時代も変わらない人間の本質。
ジェームズディーンは50年前の俳優とは思えない。
[PR]
by t01075ni | 2006-01-14 22:33 | movie/book/art

すぺしゃる。

他者と触れ合う度に自分の小ささを認識する。
経験や生活環境が人間を思考を価値観を形成する。
考えること自体は大事だがあらゆる経験を経た上での思考にはかわない。
深度が違う。
年の功。
無駄に年だけは重ねたくはない。

他者と話す事は刺激。そこは違う世界が広がっている。
自分と違うバックグラウンド持ってるほど楽しいですね。
あと確実に自分はこの世界には1mmも掠らずに死んでいくのが分かりきってる世界。
異世界の極み。

More
[PR]
by t01075ni | 2006-01-13 23:35 | diary

なんだか

気付くと現実逃避してる。
そんな時間はないでしょうに。
個人プレーだと弱い。
はい。それも逃げ。
ふんばれや!

More
[PR]
by t01075ni | 2006-01-12 11:38 | diary