にゅーとらる。


by t01075ni
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

キューバ女性の生き方。

生きるスピードが違う。
感覚ではなく、感覚の深度が違うのはどうしようもできない。
最高潮に達したいとおしいとゆう想いと単調な日々の実感が、爆発寸前まで来ていた。

不思議な空気の占い師。
目の強さ、一つ一つ大事に発する言葉、受け入れる力。
人間は歪んでいるいきもので、多種多様であると悟っているふるまい。
正しい道はない。何を信じて生きていきたいか。

あるコラムで、キューバ女性の生き方が取り上げられていた。題材は「強さ」。14歳の女の子が、ゲリラに参加した動機。当時付き合っていた彼氏が参加したので、恋しくて追っかけていって、そのままゲリラになったのだそうだ。
自らの欲求・欲望を肯定して生きる。仕事、恋愛、セックス、人生そのものに関する欲求と欲望をまず肯定して、ものごとを判断する。仕事でも恋愛でも、こうしたいと思ったら、とにかくやるのが人生の大前提になっているということ。簡単ではないし、それなりのリスクを引き受けなければならないし、コストも払わなければならない。だが、少なくとも迷いはなくなるし、後悔もないだろう。

キューバ女性までとはいかないけれど、自分の感覚を信じて生きる。自分が成長していくと、周りも同じようについてくるとゆう。目指すべき方向へ、磨きをかける。
[PR]
by t01075ni | 2007-10-28 11:18 | diary

嘉門@神保町

嘉門

タコぶつ切り+かぼす+塩
かつお(気仙沼産)+ねぎ+からし+醤油
穴子天ぷら+天つゆ
カキ+西洋ワサビ+レモン
焼酎おかわり。「土竜」
松茸とほうれん草のおひたし
芋煮
おから

季節が変わるたびに、行きたい。
[PR]
by t01075ni | 2007-10-16 11:14 | food/shop

秋祭2007

d0028195_11125454.jpg

2007年度秋祭=aki02同期会。
@ゲストハウス。

真夜中のキャンパス。
祭の中日は、まるで遊園地のようで学校は眠らない。

本部テント前で、当時代表と企画局長は語る。
5年前は、変なプライドがあったことを。
完全に子どもだった。
祭を回すことが第一で、本当にやりたいことは実現可能性レベル判断で閉じ込めていた。
もっと、コンセプチュアルにクリエイティビティにできた。
どうなってるか分からないけど、7年後はやらかしましょう。
自己満だろうけど(これ大事)。


やはり、価値観は似ている。
相手に、何を求めるのか。
パートナーであれ。
価値観は、違ってなんぼ。
違う部分を認めた上での発展的議論。
何かを見たり感じたときに、言語化でき面白議論。
周囲や相手の変化に気付く。
レベルの違いは、感じさせない。
感性豊かで、外に向いている。
時系列上、点で接する。
尊重しつつも、たまには否定せよ。

スパッとした物言いは、実に気持ち良い。
清々しさと思い切りを手に入れた。
状況を所与とした上で、自分の行動には責任を持ちます。
理解されているなと感じる。
きのうから今日にかけて、思考と消化の時間でした。
さんきゅ。
[PR]
by t01075ni | 2007-10-15 11:10 | diary